アンチエイジングは体の中から!錆びない体を作るために選びたい食材とは!?

アンチエイジングは体の中から!錆びない体を作るために選びたい食材とは!?

最近肌のハリがなくなってきた… なんて悩みを抱えている方。その原因は、スキンケアが足りないだけじゃなく、体の中から老化してしまっているのかも?体の中から若々しくいるためのポイントは、「抗酸化力」。錆びない体を作ることは、若くいるために重要なことなんです。


「いつまでも若々しくありたい」というのは、男女を問わず普遍的な願いですよね。
若さの象徴といえば、しわやシミの少ないハリのある肌と言えるかもしれません。その若々しい肌のためには、体の外から行うスキンケアだけではなく、体の中の老化を防ぐことが大事です。

ところでみなさん、活性酸素という言葉を聞いたことはありますか?
私たちが体内に取り入れ酸素のうち約2%は、強い酸化作用をもつ活性酸素に変化します。強い酸化作用がある、ということは体を酸化させてしまうということ、すなわち体を錆びさせてしまうのです。

これだけ聞くと、活性酸素は悪者のように思ってしまいますよね。でも実は、活性酸素は本来、私たちの体にとってある程度は必要なもの。活性酸素には、体内に侵入したウイルスや細菌を退治する、強い殺菌作用があるのです。

しかし、体内で活性酸素が増えると、細胞が傷つけられて変異したり死滅したりするなどして、シワやシミとなって現れたり、血液中の悪玉コレステロールと結びついて動脈硬化を加速させたり……活性酸素が増えすぎると体にいいことは何もありません。

じゃあ、活性酸素を作らないようにすればいい!と思いますよね。
でも実は、私たちの身のまわりには、活性酸素の原因となるものがたくさん。


・強い紫外線
・喫煙
・強いストレス
・食生活の乱れ
・食品添加物
・排気ガス



など、環境や生活習慣によって、体内の活性酸素は増えてしまうのです。
これらを100%ブロックするのは難しいですよね。

抗酸化力を高めて活性酸素を撃退!

実は、私たちの体には体を酸化から守る抗酸化力が備わっているのですが、加齢とともにその力も低下していきます。だから、抗酸化作用のある食品を摂って、抗酸化力を高める必要があるのです。

活性酸素の働きを抑えて、体を酸化(老化)させないためには、これらを積極的に摂ることが重要です。では、どんな成分に抗酸化作用があるのか、さっそく見ていきましょう。

リコピン

リコピンには、カロテノイドという赤、黄色、紫などの色素の一種が含まれています。カロテノイド自体にも高い抗酸化作用があるのですが、リコピンの抗酸化力はβカロテンの約2倍、ビタミンEの約100倍もあるといわれています。

リコピンを多く含むのは、
トマト、スイカ、ニンジン、パプリカ、グレープフルーツ、柿など。
どれも鮮やかな赤色や黄色の野菜・果物ですよね。
ニンジンに含まれるβカロテンは、油と一緒に摂るとより体内に吸収されやすくなるため、油で炒めたりドレッシングと一緒に食べるとよいでしょう。

トマトは、苦手にしている人も多い野菜でもあります。生のトマトそのものやトマトジュースは嫌い…という方は、トマトケチャップでもOKですよ。

ポリフェノール

ポリフェノールと聞いて、ワインをイメージする方も多いのではないでしょうか。ワインに含まれているのはもちろんなのですが、実はひとくちにポリフェノールといっても、なんと7000もの種類があるのです。ほとんどの植物に含まれているといわれていますが、それぞれ発揮する効果が違います。

特にポリフェノールが多く含まれているのが、チョコレートの原料であるカカオ。カカオにはワインの2倍のポリフェノールが含まれていると言われています。
また、カカオのポリフェノールにはストレスホルモンの分泌を抑える作用があります。強いストレスは活性酸素の原因となってしまうので、それを抑えられるのはうれしいですよね。
そのほか、緑茶、ウーロン茶、そばなどにも多く含まれています。

ビタミンE

ナッツ類に多く含まれているビタミンE。ビタミン類の中でも、特に高い抗酸化力をもっています。
別名α-トコフェノールともいい、細胞の酸化を防いでくれる役割を果たします。
特にアーモンドに含まれる不飽和脂肪酸は、血液をサラサラにする効果や脳の機能を高める効果があるので、積極的に摂りたい食材です。
ただ、脂質も多いため食べ過ぎには気を付けたいところ。
そのほか、かぼちゃ、大根の葉、イワシ、アユにも多く含まれています。

アントシアニン

ポリフェノールのひとつであるアントシアニンの効果は、一般的に「目にいい」ものとして知られています。ポリフェノールは、ロドプシンという「見る働き」を司る物質の再合成を促し、眼精疲労を回復させる効果があります。それだけでなく、強い抗酸化作用は白内障などの眼病を予防する効果もあります。

ブルーベリーに代表されるように、アントシアニンは青色の色素。そのほか、ブルーベリーの倍以上のアントシアニンを含むビルベリー、アサイー、ナス、ブドウ、紫キャベツなどにも多く含まれていますよ。

食べるものを選んで体の中から若々しさをキープ!

いかがでしたか?

・最近お肌がたるんできた
・ちょっと運動しただけですぐ息切れするようになった
・お腹周りのお肉が気になる


こんな悩みは、体の中の酸化が原因になっているのかも。
また、年齢は若くても体の中は老化していた…なんてことは避けたいですよね。

見た目の若さは、体の中の若さが現れるもの。抗酸化作用のある食べ物を選んで、錆びない体を作っていきましょう!! 

この記事のライター

関連する投稿


これは目からウロコ!知れば知るほどキッチンに立つのが10倍楽しくなっちゃう最新知恵袋

これは目からウロコ!知れば知るほどキッチンに立つのが10倍楽しくなっちゃう最新知恵袋

主婦なら必ず毎日立つキッチン。キッチンでは何かとやることも多く、もっとこんな風にできたらな〜と常に「時短できる方法」や「解決策」を探している人も多いはず。そんなあなたのために今回はこれを知っておくだけでキッチンに立つのが10倍も楽しくなる最新の知恵袋をご紹介します。もっと早く知っておけばよかった〜と口にする人続出です!


今ハリウッドセレブも大注目の「植物性ミルク」で若さともっちり美肌を手に入れちゃおう♬

今ハリウッドセレブも大注目の「植物性ミルク」で若さともっちり美肌を手に入れちゃおう♬

今第3のミルクとして話題の「植物性ミルク」が注目されているんです!美肌にいいとされているアーモンドや、お米、ココナッツなどの栄養を食べるのではなく、飲んで栄養を摂れちゃう!それが「植物性ミルク」♡美肌やアンチエイジングをしたい方は飲まないと損かもしれませんよ〜!


最新の投稿



脳と体温が鍵!今日からあなたを良質な睡眠へと誘う○○な方法とは!?

脳と体温が鍵!今日からあなたを良質な睡眠へと誘う○○な方法とは!?

疲れているはずなのになぜか眠れない・・・そんな風に悩んでいる人が今多く見受けられます。多かれ少なかれ、日常生活でストレスを受けている人がほとんどですがそのストレスが最大の原因とも言われています。でもあるちょっとした一工夫ですぐに今日からでも良質な睡眠を取ることが可能に!それは脳と体温。この2つが鍵だったんです!


【花粉症をどうにかしたい人必見】全ては免疫力!免疫をあげる食材を食べてス〜っと改善♬

【花粉症をどうにかしたい人必見】全ては免疫力!免疫をあげる食材を食べてス〜っと改善♬

そろそろ花粉症の季節が近づいてきましたね。アレルギーの一種でもある花粉症によって、くしゃみや鼻水など不快な症状に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?でも今からしっかり対策しておけば大丈夫!花粉症に効く食材を意識的に摂取して今年こそつらい症状を緩和させませんか?


目指せ健康美人♡ダイエットにも美容にもいいことだらけの粉ドレッシングレシピ集

目指せ健康美人♡ダイエットにも美容にもいいことだらけの粉ドレッシングレシピ集

ドレッシングといえば液体のものを使っている人が多いと思いますが、意外に塩分や糖質も高めでダイエット中の人や健康を気にする方にはちょっと使いづらい点がありました。そんな中で今流行っているのが粉ドレッシング♬粉ドレッシングにするだけで健康や美容にもいいどころか面倒な手間も省けたりと実はいいことだらけになっちゃうんです。


保湿アイテムはこう選ぶ!より美しさをアップさせたいなら感触や香りでセレクトしよう!

保湿アイテムはこう選ぶ!より美しさをアップさせたいなら感触や香りでセレクトしよう!

肌寒いこの季節こそ乾燥対策が必須。保湿しなきゃいけないことはわかっていても自分の肌にどのアイテムが合うのかイマイチ分からなかったり、保湿アイテムもたくさん出ているからこそ何を基準に選んだらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。今回は肌触りの感触や香りを中心におすすめできる厳選したおすすめアイテムをご紹介します


LOCATION
〒163-1320 東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー
PHONE
050—3539-5061
IQ Sophia .inc

ランキング


>>総合人気ランキング