7月公開♡この夏観たい、話題の新作映画

7月公開♡この夏観たい、話題の新作映画


祝日のない6月が終わり、7月がやってきました。
学生のみなさんは、試験が終われば夏休み。社会人の皆さんも、今月は海の日で3連休がありますね!お休みがあるというだけでワクワクしちゃいますよね。みなさん、休みの予定は決まりましたか?

もう決まっている方にも、まだ決まっていない方にもおすすめしたいおすすめスポットは、ずばり映画館。
うだるような暑さの中でも映画館は涼しいですし、シートもふかふかだし快適!
それに、7月は話題の映画もたくさん公開になるんですよ♪

今回は、7月公開の新作映画をご紹介しちゃいます!

あの監督の最新作がついに公開

7月8日公開のメアリと魔女の花
スタジオポノックによる、アニメーション映画です。
この作品の監督は、スタジオジブリ作品「かりぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」を手掛けた米林宏昌監督。
スタジオジブリを退社後、初の監督作品がついに公開となります。

この絵のタッチを見る限り、スタジオジブリの作品のように思ってしまいますが、実はジブリではないんですよね~。

あれ?でもジブリの作品で魔女の少女を題材にした作品ってありましたよね…?
ジブリ出身の監督が、そんなことやっちゃっていいんでしょうか…?
って思っちゃいますよね。ですが、監督自身がこのように語っています。

「ジブリだったら絶対に通らない企画。宮崎監督が『魔女はもうやったからいい』と言うに決まってる(笑)。だけど、全然違う話なんです」

「『魔女の宅急便』は、才能のある魔女が、スランプから復活する物語。『メアリと魔女の花』は、普通の女の子が偶然、不思議な力を手に入れるけれど、一番肝心なときに力を失う。そのとき、彼女に何ができるか、という話です」

スタジオジブリに20年間もいたという米林監督。絵のタッチが似るのは当然のことかもしれません。

映画のあらすじは、田舎の村に引っ越してきたメアリが、森の中で魔女の国から盗み出された花「夜間飛行」を発見し、花の力で一夜限り魔法使いとなったメアリは魔法の国を訪れるも、人間であることを知られてしまい、大きな騒動になるというファンタジー映画。
主人公メアリの声を、女優の杉咲花さんが演じます。

主題歌をSEKAI NO OWARIが担当することでも話題を呼んでいる今作。
アニメーション映画界では、一昨年は「バケモノの子」、昨年は「君の名は。」が大ヒットしています。この夏のアニメーション映画は、メアリと魔女の花に決まりですね。

あの人気漫画の実写版!

7月14日に公開になるのは、銀魂。
週刊少年ジャンプの人気連載コミック、「銀魂」がついに実写化!
人気漫画の実写化をめぐっては、「原作のキャラとマッチしてない」など、キャストやストーリーに不満の声が上がるなど物議を醸すことが多々ありました。
しかし、今作はキャストとそのビジュアルが公開されたときから、「このクオリティはヤバい」「ハマり役すぎる」など、期待度高めの作品なのです!

宇宙人に支配された江戸で万事屋を営む、銀髪天然パーマのぐうたら侍・坂田銀時と仲間たちの活躍を描きます。
江戸時代末期、鎖国を解放するためにやってきたのは…なんと宇宙から襲来した「天人(あまんと)」!
天人と地球人とがともに暮らす江戸・かぶき町で、万事屋従業員の新八や居候の怪力美少女・神楽とダラダラした午後を過ごしていると、ぼんやり見ていたTV番組のニュースで、カブトムシ狩りで一攫千金できると知り…、てんやわんやの大騒動でストーリーは進みます。

監督を務めるのは、「勇者ヨシヒコ」「変態仮面」などコメディ作品で定評のある福田雄一監督。銀魂もコメディ要素の強い作品ですので、期待度も高まりますね!

主人公・坂田銀時を小栗旬さん、従業員の志村新八を菅田将暉さん、居候の怪力美少女の神楽を橋本環奈さんが演じます。

1000人に1人の逸材と言われる美少女、橋本環奈さんのぶっ飛んだ演技にも注目したいところです!

あのベストセラー小説を映画化

累計発行部数75万部、2016年の本屋大賞2位のベストセラー、住野よるさんの青春小説、
 『君の膵臓をたべたい』がついに映画化。
原作は一見、グロテスクで刺激的なタイトルですが、そのストーリーとのギャップで話題となった青春小説です。

膵臓に重い病を抱えるヒロイン・山内桜良の綴る日記を、興味本位で覗いたクラスメイトで主人公の【僕】は、身内以外で唯一桜良の病気を知る人物となる。「山内桜良の死ぬ前にやりたいこと」に付き合うことにより、「僕」、桜良という正反対の性格の2人が、互いに自分の欠けている部分を持っているそれぞれに憧れを持ち、次第に心を通わせていきながら成長していく……。

高校生時代の桜良を浜辺美波さん、同じく高校生時代の【僕】をDISH//の北村匠海さん、さらに、桜の死から12年後、現在の【僕】を小栗旬さん、桜良の親友、恭子を北川景子さんが演じます。

数々の映画に出演してきた小栗さんと北川さんですが、実は共演は初めてなのだとか。
人気俳優・女優の共演にも注目が集まります。

そしてもう一つ注目したいのが、主題歌。
今作では、今年デビュー25周年を迎えたMr.Childrenが書き下ろした「himawari」が主題歌となるのです。
映画のストーリーと重なるような、美しくも悲しい、そして力強いメロディーと歌詞が、映画を引き立てます。
歌いだしの「優しさの死に化粧」という歌詞は、きつい表現ながらも死の悲しみを美しく描いた、桜井和寿さんだからこそ書ける歌詞のようにも思える曲になっていますので、エンドロールが終わるまではどうか席を立たずに!

ほかにも注目作品が目白押しの7月!

いかがでしたか?
今回ご紹介した作品以外にも、ディズニーの最新作「カーズ クロスロード」や、こちらも人気漫画の実写版「東京喰種」、邦画だけでなく洋画もたくさんの作品が公開になります。
感動もので泣くのもよし、コメディもので思いっきり笑うもよし。あつ~い夏こそ、涼しい映画館で映画を楽しんでみてはいかがですか?

この記事のライター

最新の投稿



【祝】デビュー25周年!幅広い世代に愛されるMr.Childrenの魅力とは

【祝】デビュー25周年!幅広い世代に愛されるMr.Childrenの魅力とは

1992年5月10日のデビューから、今年25周年を迎えたMr.Children。国民的ロックバンドとも称される彼らの魅力を、「ミスチルよく知らない」というみなさんに、たっぷりとお伝えします。


意外と知られていない幸せを運ぶヨーロッパのお守りたち♡

意外と知られていない幸せを運ぶヨーロッパのお守りたち♡

私たちの生きる世界には、幸せを運んでくれる動物や小物がたくさんありますよね♡その動物を見かけたり、モチーフになった雑貨を持ち歩くだけで、たくさんの幸せが舞い込んできたという人も少なくはありません。そこで今回は私も大好きなヨーロッパで有名な幸せを運んでくれるたくさんのお守りたちをご紹介します!


ドアを開ければ新世界?!今、団地が人気のワケとは?

ドアを開ければ新世界?!今、団地が人気のワケとは?

団地といえば〖昭和の集合住宅〗というイメージがありますよね。でも、今団地が注目を集めているのをご存知でしょうか?!賃貸では自分の好きな間取りじゃなかったりデザインじゃないという方も多いのでは?古くなった部屋を自分の好きな空間にできるという〖団地リノベーション〗が人気のワケ教えます♡


たった1万円で馬主になれる!?気になるアプリ「バヌーシ―」とは

たった1万円で馬主になれる!?気になるアプリ「バヌーシ―」とは

馬主と聞いて、あなたはどんなイメージをしますか?馬主になるって、年間数千万円のお金がかかるので、ハードルが高いものと思われがち。ところが、なんと1万円から馬主になれる新しいサービスが登場したんです!スマホのアプリで馬主になれちゃう、その名もバヌーシー。そのサービスとはいったい…?


LOCATION
〒163-1320 東京都新宿区西新宿6-5-1
新宿アイランドタワー
PHONE
050—3539-5061
IQ Sophia .inc